MENU
お問い合わせ
ご予約
子供の矯正
ホーム > 矯正治療 > 小児矯正歯科とは?

小児矯正歯科とは?

子供の矯正
2018年10月9日

子どもの歯並びの形成

お子様(小児)の歯並びは、遺伝的なもの(先天的)より、環境的のもの(後天的)なもので影響が出ることがほとんどです。
ですので、お子様の健全な歯並びにするには、日常の中で、歯並びに大切なことを事前によく知って、日々取り組んでいかれることが重要です。

実はお子様の歯並びの形成は、赤ちゃんのおっぱいを飲んでいるときから始まっています。おっぱいを飲むとき、赤ちゃんは舌とあごを使って上手に飲みます。これは意識しているものではなく、本能的な反射(原始反射)で、1歳になって、前歯が何本か生えてくると、自然になくなります。この時期に舌の使い方を覚えるのです。

そして、離乳食を食べ始めると、スプーンで唇を使うことを覚え、“手づかみ食べ”で自分で口に食べ物を入れて、一口の量を覚えます。
この“噛んで(咀嚼:そしゃく)”、“飲み込む(嚥下:えんげ)”という行為が、歯並びをつくっていきます。詳しくは赤ちゃん歯科(本サイト)をご覧ください。

正しく噛んで、正しく飲み込むために

上述の通り、“歯並びが良くない”お子様方は、“正しい咀嚼、嚥下”が出来ていません

よく、市で行っている歯科検診や歯並び相談で「まだ、子どもの歯なので様子を見ましょう」と言われることがありますが、実際は“様子を見る”だけではなく、“正しい、咀嚼、嚥下の練習、舌のトレーニング”をすることが必要なのです。

特に乳歯列期の“受け口(反対咬合)“は、何もしないで様子を見ていれば見ているほど、どんどん症状は重くなり、小学校高学年になれば、あごが伸びて顔が変わってきてしまうことがあります。(従来の矯正では、成長発育が終わってから“あごの骨を切る外科手術”を勧めています。)

また、遺伝的な傾向は9歳以降、小学校高学年の背がグーンと伸びる時期に出てきます。
ですので、比較的成長発育が落ち着いている小学校低学年の時期は貴重な矯正治療のチャンスなのです。

立川・近藤歯科クリニックでは、幼児期の乳歯列から正しい咀嚼、嚥下ができるよう、パナシールドなどで、舌のトレーニングを行っています。そして、少しでも症状が軽いうちに治療していきます。

床矯正治療の目指すところ

最近、“小学校低学年は矯正治療の適応ではない”という偏った見解をしている説があります。
しかし、子どもから大人の体に育っていく時期の良い習慣づくりは、一生の宝になります。
幼児期から、学童期の貴重な時期を逃してしまうのはもったいない話で、小学校高学年になってしまうと、骨格も顔かたちもある程度決まってきてしまうため、可能な処置も限られてきてしまうのです。

従来行われてきた矯正治療は“歯を並べること”を目標に、永久歯を抜いて並べてきました。(最近は抜かない傾向になってきましたが。)
しかし、永久歯を抜いてしまうと、成長期のお子様の場合は“あごの成長”を妨げてしまいます。
さらに、ワイヤー装置やマウスピースの矯正装置は自然な成長発育という面で考えますと、あまりおすすめではありません。

一方、床矯正は歯並びをただ整えるだけでなく、よく噛んで、正しい咀嚼、嚥下を身に着けることを目指します。良い噛み合わせと歯並びはお子様のかけがえのない財産になりますので、お子様の歯並びが気になる方は、是非お早めに歯科医院にご相談されることをおすすめいたします。

まとめ

1 小児の特性
小児期の矯正は“小児の特性=成長発育”を生かす矯正がおすすめです。
2 歯を抜かない
永久歯を抜くなど、自然な成長発育を妨げるものは好ましくありません。
3 良い習慣
成長発育とともに、健全な身体づくりのための良い習慣を身に着けていくことが重要です。
4 床矯正
小児期の矯正は“小児の特性=成長発育”を生かす矯正がおすすめです。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722