当院の特色立川 矯正歯科 小児歯科 近藤歯科クリニック

当院の特色 目次

患者さんに喜んでいただいている3つの特色

1 小児歯科と矯正歯科を一つに!

2 費用を抑えた自費治療

3 原因を考えた歯科治療

当クリニックの患者さんの年齢層

患者さんに喜んでいただいている3つの特色!

1.小児歯科と矯正歯科を一つに!
{各専門歯科医師が行っていた歯科治療を一つに!}

 

◎一貫した方針で

小児歯科治療、矯正治療、お母様の歯科治療(妊娠期)一般歯科治療すべて一貫した方針で院長が行っています。

 

◎診療日は毎日、矯正治療が受けられます

矯正歯科治療を行っている歯科では、矯正医が来るのが月1、2回ほどで、「矯正装置が外れた、気になる、というような場合どうしたらいいのでしょう?」と不安になる方が多いと思います。

当クリニックでは、診療日であれば、いつでも矯正治療は可能です。それも早急に対応いたしますのでご安心ください。

 

◎矯正治療はタイミングをのがさず早期に開始

さらに、小児歯科の立場から矯正治療を常に考えておりますので、“矯正、治療を始める時期”が遅くならないように、治療時にいつも見守っております。

『矯正治療はいつから始めればいいですか?』

という質問をすると、大抵の歯科医師(矯正専門医も含め)

『まだ、様子を見ましょう』、または、『永久歯に生えかわってから』

などと言われて、適切な時期を逃して、状態を悪くさせてしまう事が多いです。

適切な時期は、【上あごの前歯が2本生え変わった時期】反対咬合の場合は、【永久歯の生えてくる前、乳歯列期】です。

将来的に矯正治療が必要かどうかは、5,6歳の時期にはわかりますので、当クリニックでは、症状が軽度なうちに、保護者の方へアドバイスさせていただいております。

 

◎むし歯も早期発見!

そして、矯正治療開始後も、むし歯にならないように治療を進め、むし歯の早期発見も心掛けております。

そして、矯正治療開始後も、むし歯にならないように治療を進め、むし歯の早期発見も心掛けております。

お子さまのむし歯の進行は早いですから、毎回の矯正治療時にチェックできる(治療は別日になります)ことで、早期治療に効果をあげています。

とくに、生えたての6歳臼歯はたいへんむし歯になりやすいので、短期間でのチェックがかかせません。

また、小児歯科、矯正歯科と別々の歯科医院に連れて行くのも大変だと思いますし、方針が一貫していますので安心して治療を受けられることができます。

 

 

2 費用を抑えた自費治療

 

小児矯正治療、矯正治療、セラミック補綴(白いかぶせ物)は他の歯科医院の半分程度に治療費用を抑え、自費治療を身近なものにしました。

 

◎矯正治療

矯正治療は平均30万円でお支払も一括ではなく、矯正装置を交換したときに支払う分割式になります。したがって、ご兄弟で矯正治療を受けられる方は多いです。

 

◎小児矯正

従来の矯正治療にように、第1期治療と第2期治療という考えではなく、第1期のみで、あとは口腔周囲の機能を高めて、第2期を無くし、矯正費用も、半額以下(平均30万)に設定しています。しかも、永久歯は抜きません。

詳しくはこちらへ「矯正治療の費用」

 

◎成人矯正

成人の場合も永久歯を原則的に抜かずに矯正しますので、歯並び、かみ合わせを大幅に変えていく全体矯正ではなく、気になるところを部分的に変えていく部分矯正にしていますので、費用も、小児矯正同様、従来の半分以下(平均25万)ほどになっています。

 

◎白い歯のかぶせ物(セラミック)

セラミック補綴も、詰め物(インレー)は約4万、かぶせ物(クラウン)は約5万で、さらに保証期間も設けています。近年、金属アレルギーの問題も多くなってきましたので、奥歯も従来の銀歯でなく、白いセラミックにされる方も多いです。

 

 

3 原因を考えた歯科治療

 

むし歯、歯周病、歯並びなど、すべて原因があります。従来の歯科治療は、 むし歯を削り、詰め物、かぶせ物をする、歯周病の歯を抜いて入れ歯、インプラントにする、重なった歯をワイヤーで動かし、歯並びを矯正する・・など、その時の状況に合わせて対処、治療をしてきました。=======これを“結果治療”“対症療法”といいます。しかし、これでは、原因に対して根本的な対処をしていないので、再発します。

当クリニックでは、むし歯、歯周病、歯並びなど、すべてにまず、原因を調べていきます。そして、その原因に対して可能な限り対処してから、治療をしていくのです=原因治療。

 

◎むし歯に対して

むし歯の原因は、甘いお菓子などの砂糖の入った食べ物、歯みがきの仕方、生活習慣などありますが、それらを患者さんと対話しながら治療を進めていきます。

お子さんの場合は特におやつの食べ方、種類、生活習慣などをお子さん、お母さま、お父さまと考えながら、お子さんに無理なご負担をかけないよう、やさしく治療をすすめていきます。

詳しくはこちらへ「子どものむし歯治療について」

 

◎歯並びに対して

歯並びにも原因があります。最も歯並びに影響を及ぼしているのが舌の動きなどの咀嚼、嚥下運動です。唇などの口腔周囲筋のはたらきも重要です。これらを考えずに、ただ、歯を動かす、動かすテクニックのみ追求しても、良い結果は得られません。

詳しくはこちらへ「歯並びの原因」

さらにお子さんの場合は“成長発育”がありますから、“歯並びの原因となる悪い習慣”“よい習慣”に変えていくことにより、成長発育をよりよい方向に変えていくことが可能になります。当クリニックの小児矯正はここが最大の特色です。成長発育の時期を逃してしまうと、“歯並び”は一部変えられても、“お顔の状態、とくに口元の状態”までは変えるのが難しいといえます。

 

◎歯周病治療に対して

歯周病治療も、まず原因です。 歯周病の場合、歯周病菌の有無をまず、確認しなくてはいけません。

当院では、その場ですぐに歯周病菌を確認することの可能な位相差顕微鏡があります。

実際に他の歯科医院で歯周病と言われた患者さんで、この顕微鏡で歯周病菌が全くみられず、歯周病ではなかった方も多くいらっしゃいます。

そして、歯周病菌の存在が確認された場合は、まず、それを減らす治療を行います。

歯周病菌が多い状態で、歯石除去、歯周ポケットの掻把などの歯周病治療を進めてしまうと、かえって状態は悪化します。

 

このように、原因に対処することにより、むし歯、歯周病の再発、ならびに歯並び矯正後の後戻りを防ぎ、患者さんのご負担を減らしていくことが、当クリニックの目指すところであります。

 

当クリニックの患者さんの年齢層

当クリニックは「歯科一般治療」すべて行っておりますが、 とくに「小児矯正治療」をメインに行っております。

その他、「成人の矯正」、「小児歯科」、「一般歯科」、「予防歯科」、「妊婦歯科健診」、「マタニティ歯科」、「歯科口腔外科」などです。

小児矯正、成人矯正・・・70%

歯周病治療・・・・・・・10%

一般歯科治療・・・・・・10%

その他(マタニティ歯科など)10%

矯正治療について
子どもの矯正
大人の矯正
子どもの歯並び
小児歯科