MENU
お問い合わせ
ご予約

床矯正の比較

インビザラインと床矯正

床矯正と比較してインビザラインは、見た目が目立たなく、装着していても違和感は少なく、しゃべりやすいので仕事や授業中も全く心配なくつけられます。さらに、歯の動かし方も床矯正では一つの方向にしか動かせないのに対し、インビザラインでは豊富なデータで裏付けされたソフトで計算して三次元的に多数の歯を同時に動かせるので、治療期間も短くなっています。
一方で、インビザラインが床矯正より劣っているところは、費用と1日の装着時間です。1日の矯正装置の装着時間は床矯正が14時間以上ですが、インビザラインの場合は22時間、これは食事と歯みがき時以外はほぼ装着しているということになります。
費用は、床矯正がおおよそ35~45万円のところ、インビザラインでは保定装置を入れて約74万となっています。
したがって当クリニックでは、床矯正の可能なお子さんの場合(成人の軽度な叢生も)は、まず治療費用が少ない床矯正をお勧めしています。
お子さんの難しいケース、成人の中等度以上のケースは床矯正が適応外になるので、インビザラインをお勧めします。

インビザラインと床矯正の比較

床矯正 インビザライン
見た目 ワイヤーよりは目立たないが、
つけているのはわかる
装着しているのがわからない
痛み 軽度の痛みがある場合もある ほとんどない
違和感 慣れるまで違和感あり ありません
会話 本の音読、電話対応にいくらか難あり 全く支障なし
費用 35~45万円 74万円
治療期間 3~4年 2年(短め)
適応症例 軽度~中等度(子供)
軽度(成人)
軽度~中等度の叢生(子供、成人)
装置の管理 拡大ネジを決められた分回すなど注意が必要 簡単
ご本人の調整なし
トレーニング 行わないと歯が思うように動きにくい。
トレーニングは必須です
行わなくても歯は移動するが、
後戻りすることあり

インビザラインの矯正治療法について

インビザラインは優れた矯正治療法ですが、不適応症例となることもございます。
当クリニックでは治療についてのご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。
インビザライン(マウスピース矯正)を詳しく知りたい方はコチラ

お問い合わせ / ご予約

              立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

              矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722