立川 矯正歯科なら近藤歯科クリニック|小児歯科と矯正歯科を一体化させた小児矯正

からだと歯にやさしい歯を抜かない矯正歯科

東京都立川市にある矯正歯科、近藤歯科クリニックは、矯正歯科に本気で取り組んでいます。
立川北口、昭島、小平、府中、国立、周辺地域での唯一の床矯正研究会会員です。

子どもの矯正歯科治療の特徴

  • 総額で平均30万円。ご負担の少ない矯正歯科
    少しでも多くの人が矯正を受けられるように、費用は従来の矯正歯科の50%から30%と、だいぶ抑えめにしています。
    小児矯正に“床矯正”の考え方を取り入れ、従来の“技術料”を無くし、“矯正装置料”とはっきりと透明化し、費用をわかりやすくして、さらにお支払も新しい装置を入れるタイミングでいただくように、分割払いの形式にしてご両親のご負担を減らしています。
    矯正治療費用の詳細はこちら
  • 歯を抜かないで、装置の取り外しもできる矯正歯科
    早期に矯正治療を開始し、さらに、良い生活習慣により自然成長を重視していますので、永久歯は抜きません
    さらに装置の取り外しもでき、むし歯にもなりにくい!からだにやさしい立川の矯正治療です。成長期のお子様にとくにおすすめです。お子様のご負担がだいぶ少なくなります.
    小児矯正の詳細はこちら
  • 歯を動かす距離が少なく、治療期間も短く済むケースが多いです
    子どもの矯正(小児矯正)の治療期間は従来の矯正治療よりも短めです。
    なぜならば、矯正治療を始める時期が早く、歯が動きやすい時期に動かすということ(重症化させない)、歯を原則として抜かないため、歯を動かす距離が少なくてすむため、さらに噛む機能訓練などにより歯が動きやすくなるためです。痛みもほとんどありません。
    小児矯正治療期間の詳細はこちら

小児矯正(子どもの矯正)とは?

従来は“小児歯科”と“矯正歯科”がはっきりと別れていて、別々の歯科医院、もしくは、別の歯科医師が治療を行っていました。 しかし、これでは、治療方針が歯科医師ごとに違いますので、微妙なズレが生じることもあります。
さらに、小児歯科の考え方と矯正歯科の考え方には違いもありますので、 お父様、お母様方、お子様方が言われることに違いがあり戸惑うこともあるでしょう。
歯科で言われることと、他科で言われることが違うことと同じです。 その場合どちらが正しいということは難しいですが、一本の歯にとらわれるのではなく、歯並びだけにもとらわれることなく、お子様の自然な成長発育を考えての対応、まさに、“木を見て森を見ず”的な対応にならないことが大切なのです。

“お子様の歯並びを診ながら、健全な成長発育を目指して、これから長い一生を健康に過ごされるための良い習慣をつくっていく”これが、当クリニックの小児矯正の目標です。

矯正歯科よく読まれているページ10

大人の矯正歯科治療の特徴

大人の矯正歯科治療は、あごの成長発育はありませんので、当クリニックの床装置による、歯を抜かない、費用を抑えた矯正歯科では、以下の場合おすすめです。


1.部分矯正
歯並び全体を変えていく、というよりは、治したいポイントがはっきりしていて、費用も期間もあまりかけたくない、という方におすすめです。
部分矯正の詳細こちらへ


2.非抜歯矯正
当クリニックでは、矯正歯科のモットーとして、“歯を抜かない”ことを原則としています。 患者さんにとっても、歯を抜かれたくない思いはありますし、心理的なもの以外にも健康的にもマイナスです。 歯を抜かないで、可能な範囲で行うのが、当クリニックの矯正歯科です。


3.ブライダル矯正
ブライダルの場合、最も重視されるのは“限られた期間(短期間)で矯正治療を行うこと”です。 当クリニックの矯正治療は歯を抜きませんので、治療期間を短くすることが出来ます。 さらに、矯正歯科の費用も抑えていますので、たださえ出費の多い時期ですから、患者さんにとってもメリットは大きいと思います。


4.歯周病治療後の歯並び修正
歯周病になると、歯並びも乱れ、歯と歯の間が開いてきます。 この場合、歯周病治療終了後、取り外しの矯正装置によって歯並びを整えますと、見た目が良くなるだけでなく、歯周病の再発を少なくすることが可能となります。


5.お口元の健康的な美しさの追求
矯正治療は、単に歯並びを変えるだけでなく、噛み方、舌の動かし方なども変えていく必要があります。 かたちだけ変えても、機能が変わらなければ、また、歯並びは悪くなります。 ですから、当クリニックでは、舌を含めた、お口周りの筋肉のトレーニング(バイオセラピー)に力を入れています。 とくに、“美人の条件”といわれているEラインを変えていくことができます。 歯を抜いたり、あごの手術をしたり、長期にわたる、難易度の高い矯正治療をせずに、個人差はありますが、このEラインを美しく変えていくことも可能です。
小児矯正とバイオセラピーはこちらへ

矯正相談ネット予約

矯正歯科について

“矯正歯科”はその矯正治療についての考え方、治療方針、矯正の方法など多くのものがあり、その歯科医院によって千差万別です。
そして、矯正治療のなかで、たとえば“床矯正”といっても、
装置の微妙な違い、歯科医院によっての矯正治療への取り組み度、経験値、テクニック、お子様への対応、お母様方への説明、患者さんへの対応の仕方など医院によって大変な“差” があるのは事実です。
ですから、一概に“○○はダメ!”“△△はいけない!”などという情報に惑わされずに、患者さんご自身で確かめられることが重要です。
お友達の体験なども貴重です。(ちなみに当クリニックに矯正治療に来れれる患者さんはご紹介の方が多いです。)」
矯正歯科について

矯正治療への取り組み

立川の近藤歯科クリニックは矯正歯科に常に最優先に取り組んでいます。

とくに、子供の矯正=小児矯正では、出来るだけ費用と痛みなどのお子さんとお父様、お母様方のご負担を少なくしました。

費用は従来の矯正歯科の30%?50%程度
永久歯は抜きません
治療も痛みはほとんどありません

従来は敷居が高かった“矯正歯科”を“気軽に”、“無理せずお子様が出来る範囲で”行ってもらえるように現在の治療体系をつくりました。


  • 矯正費用は従来の矯正の1/2~1/3
    近藤歯科クリニックでは小児矯正に“床矯正”の考え方を取り入れ、従来の“技術料”を無くし、“矯正装置料”とはっきりと透明化し、費用をわかりやすくして、さらにお支払も新しい装置を入れるタイミングでいただくように、分割払いの形式にしてご両親のご負担を減らしています。
  • 永久歯は抜きません
    当クリニックの小児矯正では、早期に矯正治療を開始し、さらに、良い生活習慣により自然成長を重視していますので、永久歯は抜きません。
    さらに、矯正装置はご自分で外せる“取り外し式”であるので、むし歯にもなりやすいですし、お子さんのご負担がだいぶ少なくなります
  • 矯正治療の痛みもほとんどありません
    取り外し式の装置は従来の矯正治療の歯にくっつけた装置(ワイヤー、ブラケット装置)と比較して歯にかかる力がソフトなので、治療中の痛みもほとんどありません。
    歯にも体にもやさしい矯正といえます。

立川近藤歯科クリニックの3大特徴

  • 歯を抜かない、身体にやさしい矯正歯科
    "永久歯を抜く"ということは、あごの成長をとめてしまうこと、"ワイヤー、ブラケット装置に頼った矯正治療"は患者さんが痛いだけでなく、歯並びのアーチも不自然に小さくし、舌のスペースを少なくし"矯正治療の後戻り"の原因になります。
  • 対話からすすめる小児歯科治療
    当クリニックでは、"お子さんとの対話"を重視しています。(保護者の方との対話はもちろん)治療前にはスタッフがみんなで説明し、お子さんがちゃんと理解してくれてから、治療を開始します。
    "無理やり、押さえつけ"の治療は行いません。矯正治療でも、虫歯の治療でも、頑張っている子は褒め、そうでない子も、叱咤激励し、頑張っていくように応援します。
  • 原因を考えた歯科治療
    歯科は「虫歯⇒歯を削る」「歯周病⇒歯を抜く」など、結果治療に終始してきました。むし歯も、歯周病も、歯並びもすべて原因があります。
    その原因を考えずにただ治療しても、再発、後戻りを起こしてしまいます。近藤歯科クリニックでは、患者さんとともに、原因を考え、対処していきます。

院長からのメッセージ立川 近藤歯科クリニック院長 近藤哲夫

矯正治療に対しての想い

永久歯は原則として抜かない。 装置は取り外しができる。
費用は従来の矯正歯科(80万~100万)の1/2から1/3。

矯正歯科は費用も高額で、期間も長く、健康な永久歯も何本か抜かなくてはならず、むし歯の治療と違い、敷居の高い、限られた人のものでした。さらに、歯に固定式の装置をばっちりとつけなくてはならない。

小学生のころの私、近藤も、実は上の前歯が出っ張っていて学校でからかわれた苦い経験があります。私の両親も私の歯並びに無関心で、矯正をすすめてもらったことはありませんし、私の子供の頃○十年前には矯正歯科は一般的ではありませんでした。その反動か、大学時代に先輩のところで、永久歯を抜いてもらい、固定装置の矯正をやってもらいました。

矯正治療を身近なものに! 立川の子供たちへ矯正治療を!
矯正治療を楽しんで!

地元・立川の地に開業して20年以上、私たち近藤歯科クリニックのメインの取組みである小児矯正(子供の矯正)はこれらの問題を解決し、立川ならびに立川近隣の子供たちに矯正歯科を身近にするものです。

子供たちに、矯正歯科治療を通して、“良い習慣づくり”を学んでもらい、バランスのとれたあごの成長、表情豊かな顔貌へ、と成長期しかできない貴重な体験をしていただきたいのです。

そしてさらに大事なことは“子供たち、お母様方、お父様方も矯正治療を楽しんで!”ほしいのです。

毎日の装置の装着や、お子様の装置の日々のチェックは大変だと思いますが、身体と心の成長とともに、歯並びもきれいになっていくのです。
そのお子様の努力をねぎらい、褒めてあげて良いところをさらに伸ばしてあげる。
ご両親も“たいへんな矯正歯科治療を簡単に出来ている!”と、さらに“こんなに歯並びがきれいになった!”とお子様とご一緒に楽しんでほしいのです。
立川ならびに立川近隣の患者さん、皆様方のために、私たち近藤歯科クリニック、スタッフ共々一丸となって日々努力してまいります。

立川で矯正治療を始められる方、または保護者の方へ

当クリニックの小児矯正は身体にやさしい矯正歯科です。永久歯も抜きませんし、歯にかかる力も固定式のワイヤー、ブラケット装置よりも少ないです。
ですから、矯正歯科にありがちな痛みもほとんどありません。
ただし、装置が歯ぐきに当たって痛いこともありますから、その時は装置を外しっぱなしにせず、すぐにご連絡してください。

さらに小児矯正治療は“かたち”よりも“正しい機能”を重視します。
それは、“歯並び”は、その人の噛み方、生活習慣、口に周りの筋肉の状態の結果だからです。
いくら「かたち=良い歯並び」に歯を動かしても、「正しい機能=正しい噛み方、舌の動き、生活習慣」が身についていないと「良い歯並び」は維持できません。
小学生時代は心も体もいっぱい成長する大事な時期ですが、この大事な時に小児矯正治療をとおして「良い習慣づくり」をしてみませんか?
きれいな歯並びとともに「良い習慣を身に着ける」ことはお子様方の一生の宝となりますね。

小児矯正治療の本質は良い習慣を身に着け健康で幸せな一生を送ることにあるのです。

立川北口、ならびに昭島、日野、国立、国分寺などの周辺地域の中で唯一の小児矯正専門歯科として、育ちざかりのお子様たちの口腔機能の大切さをお伝えし、健全な成長発育をサポートしてまいります。
今後、矯正歯科について、矯正装置についてなにかわかりにくいことがありましたら、お気軽に何でもご相談ください。 よろしくお願いいたします。

立川近藤歯科クリニックの小児矯正とスタッフ力

スタッフ治療風景

小児矯正は成長期のお子様が多いので、毎回の治療時に目が離せません。
当クリニックの矯正の予約間隔は一ケ月半。したがって少しの変化でも、見逃してしまうと三ヶ月後になってしまいます。

もちろん、毎回、院長近藤は必ず診て確認はしますが、どんな小さな変化も見逃さないように歯科衛生士のスタッフの協力が欠かせません。

そこで、毎日の昼休みの打ち合わせ、2週に1回の院内ミーティング、約3カ月に1回の講習会参加と密度も濃く勉強をして、さらに、意見の統一をはかり、チームワークの強化をしています。

毎日朝礼も行っており、気づいたことがあれば、すぐに受付、助手を含めた全員で確認もしています。さらに、個々のコミ二ケ―ションも欠かせません。さらに、混雑時に患者さんをお待たせしないように助手の人が、院長、歯科衛生士に声掛けし治療のスムーズ化を図っています。


そして、小児矯正の考え方、重要なポイントは常にスタッフ一同徹底して確認し、個々の患者さんの治療の進み具合、矯正装置の状況、その患者さんの治療の難易度などもクリニック全員で共有しています。
一般的にインプラント治療も“チーム力”が不可欠と言われていますが、当クリニックの小児矯正治療は受付、アシスタント、歯科衛生士、歯科医師が全員で情報を共有しながら、各自がそれぞれの視点で考え、問題提起するということにおいて、それに勝るとも劣らないチーム体制になっています。


そして、“スタッフ力”“チーム力”としては、立川ならびに立川周辺の矯正歯科医院のなかでも、多摩地区でも知る限りにおきましては、トップレベルのものと自負しております。
「クリニックのスタッフの“個性”を生かし、その長所をいかに伸ばすか」これが当クリニックの人材育成のテーマなのです。

ドクター・スタッフについて

近藤歯科クリニックスタッフ

立川・近藤歯科クリニックでは、新しい技術、知識はもちろんのこと、患者さんの気持ち・心を大切にしています。当クリニックの矯正歯科治療は、歯を並べることだけではなく、お子様の健康的なあご、お顔の成長を重視しています。

地元・立川および立川近隣のお子様方の健康、幸せを願って、スタッフ一同、常に前向きに取り組んでいます。

医院紹介

立川 近藤歯科クリニックの矯正治療と床矯正

従来の矯正は、“歯を動かし、きれいに歯を並べること”を第一に行われてきました。
矯正ですから、美しい歯並びを追求するのは当たり前です。
そして、スペース不足の時は歯を抜くのが一般的でした。
一方、“床矯正”は一般的に「“拡大床”を使用する、歯列拡大のみの治療」ととらえられがちです。
これは、従来の矯正治療の過程において、第一期治療などで、歯並びを広げるときにのみ、取り外しの矯正装置(拡大床)が使われていたためではないでしょうか。

実際の”床矯正治療”は「現状の歯並びになった原因を考え、その原因に対処し、良い歯並びづくりのための良い生活習慣に変えていく治療」なのです。

床矯正研究会主幹の鈴木設矢先生も「床矯正治療は、バイオセラピーと床装置の治療の二本立てだよ」と常々言われています。

従来の歯科治療は“むし歯を削って詰め物をする”“グラグラになった歯を抜いて入れ歯を入れる”という状態に対しての対応=結果治療に追われてきました。
しかし、むし歯になる原因を考え、むし歯になることを防ぐ=予防(原因治療)の重要性が言われるようになり、それに対応した歯科医院も増えてきました。


歯並び(矯正)治療にも同じことが言えるのではないでしょうか?
現状の歯並びになった原因を考え、良い歯並びになる習慣作りをしていく。
ですから、「床矯正=予防矯正」と言ってもいいと思います。

たしかに、同スタディグループの歯科医院の中では装置による拡大に偏っているところもあり、それが「床矯正は治らない」と言われる、矯正専門の先生方のご批判を受ける結果になっていることは否定できません。
床矯正=拡大装置のみを使用した矯正という誤解が生じているのです。
床矯正の本質はバイオセラピー(機能的訓練)にあるのです。


バイオセラピーとは?⇒詳しくはこちら
小児矯正とは⇒詳しくはこちら

お子様方の健康ならびに健全な成長発育を願う親御さん方におかれましては、

  • 少しでも状態が軽度なうちに、治療費用も手間もかからないうちに治療していくこと
  • 成長発育のピークが来る前、出来るだけ幼年時から、 良い噛み方、生活習慣に変えて健全な成長発育に方向性を変えるお手伝いをする

以上が矯正に携わる歯科医師の努めと私近藤は考えております。

小児矯正と従来の矯正との違い⇒詳しくはこちら
床矯正って治るの?⇒詳しくはこちら

立川周辺の方限定、無料相談随時受付中

  • 立川歯並びネット相談(無料)
  • ドクターがお答えします

セラミック治療について

セラミック治療について

お知らせInformation

  • 2019年4月17日
    GWの診療日のお知らせ
    4月30日(火)と5月2日(木)は連休中ですが診療いたします。
     
    4月27日(土)通常通り午前中診療
    28日(日)休診
    29日(月)休診
    30日(火)診療(9時40分~18時30分)
    5月 1日(水)休診
    2日(木)診療(9時30分~18時30分)
    3日(金)休診
    4日(土)
    5日(日)
    6日(月)
    2018年12月22日
    年末年始の休診のお知らせ
    12月29日(土)より1月4日(金)まで休診とさせていただきます。
    新年は5日(土)より通常通り診療いたします。
    2018年7月19日
    夏季休診は8月8日(水)~15日(水)になります。
    16日(木)より、通常の診療状況になります。
    よろしくお願いいたします。
    2018年7月2日
    新しいユニットがクリニックに来ました!
    歯科用ユニットは高価なもので、ひとりの歯科医師が何十年と診療をしていくなかで、そう何度も買えるものではありません。
    一台あたり、高級外車と同じと考えてください。
    今回購入にあたっては、もちろん銀行融資をお願いしました。
    このユニットは最新型だけあって、椅子の動きもスムースで、機械の使い勝手も最高で、仕事をしていても、癒されます。
    そして、椅子の色も深緑なのが気に入っています。
    緑系統の色が好きなので、待合室の床も緑にしているくらいですから。
    待合室から、向かって一番右側の部屋になりますので、運よくそこに入られたらラッキーと思ってください。
    2018年6月3日
    待合室用に新しい時計を設置しました。
    プーさんのかわいい時計で、定時になると音楽が流れます。
    患者さんをお待たせしないように、万一、急患などで、お待たせしてしまった時、お気持ちをほぐし、また歯科治療前の緊張を少しでも、和らげるように願いをこめて設置いたしました。
    2018年6月2日
    6月2日(土)立川市歯科医師会による立川市との共同事業である、歯の衛生週間無料健診が行われています。
    私、近藤も午前中1時間ほど健診ならびに相談をしてきました。 中には歯科医師との関係にお悩みの方もいらっしゃいました。
    歯科医院というと、一般の方々にはどうやって選択していくか難しい問題ですが、アドバイスとしては、やはり、歯科医師の人柄が第一ではないかと思います。 患者さんのお気持ちをしっかりと受け止められる、経験と余裕のある歯科医師に出会えた方は幸せだと思います。
    経歴、サイト、宣伝文句よりも、まず、人柄ではないでしょうか。 私自身まだまだ修行が足りませんので頑張らせていただきます。
    2018年2月17日
    院内撮影会
    2月17日(土)にプロのカメラマンによる院内撮影会が行われました。お子様方をはじめ、ご協力いただきました皆様方に深く御礼申し上げます。お子様方の生き生きとした表情、無邪気な様子が出ているようで楽しみです。カメラマンの方も大阪から、はるばる立川にいらしていただき、ご苦労様でした。
    2018年1月9日
    スタッフブログ更新中です。
    小児矯正を中心にお子様、皆様方とのふれあいのなかで、当クリニックのスタッフの本音がわかります。ぜひ、お読みください。
    2017年12月12日
    【年末年始休診のお知らせ】
    年末は29日午前中まで診療します。
    29日午後から1月4日まで休診です。新年は5日からです。
    2017年12月6日
    立川市 妊婦無料歯科検診実施中です。
    2017年12月6日
    立川市 西砂小学校に小児歯科の講話に行ってきました。
    2017年11月28日
    皆様方に親しみの持っていただけるホームページを目指して、
    トップページや、各ページを変えていきますので、よろしくお願いいたします。
    2017年10月28日
    スタッフブログ始めました。
    スタッフの気持ちが込められています。ぜひ、読んでいただけたらと思います。
    コラムも同時に始めました。矯正相談や、診療中の患者さんへの説明を掲載していきます。
    2017年9月6日
    小児矯正治療、矯正治療について、内容追加しました。
    2017年8月6日
    小児歯科・子供の歯並びについて、新たに項目をつくり、内容も追加しました。
    2017年7月19日
    小児矯正治療の内容追加しました。
    2017年4月20日
    ホームページリニューアルしました。
    矯正治療と小児矯正治療を中心に内容を追加しました。
矯正治療について
子どもの矯正
大人の矯正
子どもの歯並び
小児歯科
治療を始める時期(治療症例)
小学生のみなさんへ
コラム
ブログ
患者様の声
近藤歯科クリニック
  • 治療を始める時期(治療症例)
  • コラム
  • ブログ