MENU
お問い合わせ
ご予約

矯正治療の流れ

ホーム > 矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

FLOW1. 初診相談

FLOW1. 初診相談(矯正相談)

近藤歯科クリニックの矯正相談は矯正治療一般論ではなく、個別に詳しくご説明いたします。
小児矯正の場合、年齢、骨格的なタイプ、性格、習慣、考え方などにより、それぞれ大きく変わってきます。「小児矯正とは
成人の場合も同様です。「成人矯正
矯正費用についても「費用について」、治療期間についても「小児矯正の治療期間」、始める時期についても、「子ども矯正治療の始める時期」で詳しくご説明いたします。何でもお気軽にご質問ください。
FLOW2. 精密検査・資料

FLOW2. 精密検査

レントゲン撮影と歯の型採りをします。レントゲンは上下のあごの骨との周囲まで撮れるものを、型採りは通常の粘土状のもので採りますが、成人のマウスピース矯正の場合は光学読み取り機でスキャンします。
レントゲンでは、お子様の場合、大人の歯の数もその場でわかりますし、これから生えてくる歯のもぐっている位置もわかりますので、その場ですぐにご説明いたします。
FLOW3. 診 断

FLOW3. 診断(見積もり)

検査結果に基づき、矯正治療の方針、方法、期間、費用についてご説明します。
当クリニックの矯正治療は、“永久歯を抜かずに可能な範囲で”が基本方針で歯とからだにやさしい治療を目指します。
費用も矯正治療が気軽に受けられるよう、従来より抑えて設定しています。立川の歯を抜かない矯正へ
同意書の内容についても説明させていただき、署名を頂いた後、矯正治療開始となります。十分に理解していただき、安心して治療をスタートしましょう!
FLOW4. 矯正開始

FLOW4. 矯正開始

お子様の矯正では、健全な成長発育をいかに引き出していくかが大事です。そのためには、お子様のやる気を大切に、“褒めて伸ばす”やり方で行います。また、お子様の矯正治療をお父様、お母様方と一体になり、当クリニックのスタッフ一同、応援ならびにサポートいたします。
大人の矯正の場合も、日々の生活の中に仕事、または学校と両立させ、いかに矯正治療をうまく取り入れていくか、スタッフ一同、共有させて
頂きます。

子どもの矯正と大人の矯正
小児矯正Q&A

FLOW5. 後戻り防止・経過観察期間

FLOW5. 保定期間・後戻り防止について

“保定期間”とは、矯正治療で動かした歯をその位置に定着させる期間です。一見歯が並んだように見えても、歯を支える骨が出来ていないと、また、歯は元の位置に戻ろうとします。ですから、きれいに並んでも、直ぐには、矯正治療を終われません。
あと、さらに大事なことは、“歯並びは舌や唇の動き、噛み方などの力のかかり方の結果であり、形だけ治しても、機能が伴わないと、また悪くなってしまう”ということです。
小児矯正とバイオセラピーへ
これは子どもの矯正だけでなく、大人の矯正も同様で、“良い歯並びを維持していくには、噛み方、生活習慣も変えていく”ことが重要です。
さらに、子どもの矯正の場合は、永久歯がすべて生えそろうまで見届けることも必要です。
最近のお子様方は、あごの成長不足のため、下の第二大臼歯が親知らずのように引っかかって生えてこない場合が多く、最後の最後まで目が離せません。
FLOW6. 診 断

FLOW6. 矯正治療終了

素敵な笑顔で人生を楽しんでください
また、矯正治療終了後も当クリニックは一般歯科も行っておりますので、定期健診にいらしてください。

お問い合わせ / ご予約

              立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

              矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722