MENU
お問い合わせ
ご予約
子供の矯正
ホーム > 矯正治療 > 小児矯正と過剰歯

小児矯正と過剰歯

子供の矯正
2018年10月9日

小児矯正と過剰歯

“過剰歯”とは、通常の大人の歯より、余計にある歯のことです。

場所は大体上あごの正中(真ん中)にあることが多いです。1本の場合
もあれば、2本もぐっている場合もあります。

この場合もぐっている過剰歯とその近くの永久歯(上顎中切歯)と位置関係
をCT(断層写真)のレントゲン写真で確認します。

歯並びにときに支障がなければ、そのまま抜かないで置いておく場合も
あります。また、周囲の永久歯の根がまだ未完成の場合は無理をせず、
根の完成を待ってから抜くこともあります。

この過剰歯も見られる頻度も意外と多く30人に1人くらいは発見しま
す。

これも、小児矯正を早期に始めるので見つけられるのです。

歯科健診に行っている立川市内の小学校でも、上の前歯が離れていて、
過剰歯のありそうなお子さんがときどきいますので、こればかりはレン
トゲンを撮らないとわからないので、歯科の受診をお勧めしています。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722