MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科コラム

小児矯正と上唇小帯

矯正歯科コラム
2018年10月9日

 

小児矯正と上唇小帯

上唇小帯とは、上唇の内側の2本の左右の中切歯の間にあるヒダのことです。
このヒダは一般的に、赤ちゃんのころは大きくくっついていますが、歯が生え、あごが成長するに従い、少しずつ短く、小さくなっていきます。
あと、2、3歳の歩きはじめの幼児期はよく、転びます。そしてまだ、ちゃんと手をつけないため、顔、とくに前歯、上唇のところをぶつけてしまいます。
すると、この上唇小帯が切れて出血します。
よく、近くの保育園のお子さんが「転んで顔と歯をぶつけた!」といって、駆け込んできます。

ほとんどの場合、この上唇小帯が切れただけのケースで、実際に前歯が欠けたり、グラグラになったりするケースはほとんどありません。
そしてこの上唇小帯は切れた!ほうがいいのです。
なぜかというと、まず第一に、歯みがきがしやすくなります。
この幼児期の仕上げみがきというのはお母さん方の共通の悩みです。
歯みがきを嫌がるお子さんを無理やり押さえつけて磨かなければならないからです。
その際、なぜ、歯みがきを嫌がるようになったかというと、お母さん方が歯みがきをした時に、この上唇小帯をハブラシでこすって痛くしていたからです。
ですから、この上唇小帯が短くなれば、お母さん方の歯みがきもしやすくなり、お子さんもむし歯になりにくくなるのです。

第二に、歯並びにとっても上唇小帯が短いほうがいいからです。
上唇小帯は上あごが年齢とともに成長するに従い、相対的に小さくなっていきます。
前の永久歯が並ぶ頃になると、大人と同じように、歯から離れた位置になっていきます。
ところが、最近のお子さんたちは、あごの成長が良くないためか、永久歯が生え変わってもまだ、ヒダが長いままで、左右の中切歯の間にまで小帯が伸びたままになっていて、真ん中(正中)におおきな隙間が残っていることがあります。
この場合は麻酔下において切除します。
ちゃんと麻酔して、電気メス、あるいはレーザーメスで切除しますので、舌小帯の切除と同様、痛みもなく、出血もほとんどありません。
時期は8,9歳ころの犬歯が生える前が時期だと思います。
犬歯が生えてからですと。小帯を切除しても、自然には、離れた前歯はくっつきません。

上唇小帯は、適切な時期に切除することで、歯並び・噛み合わせの乱れを予防できますが、タイミングを逃した場合は小児矯正が必要となります。上唇小帯の付着異常では、上述した前歯の真ん中におおきなすき間が残る「すきっ歯」以外にもさまざまな症状が現れることがありますので、お子さまの歯並びで気になることがある場合はまずカウンセリングと検査を受けましょう。
小児矯正の必要性」のページでは、最近のお子さまに見られるお口の変化や歯並びの症状などを詳しく解説しています。
関心のある方はご覧ください。

当クリニックの小児矯正時に適応となったお子さんは当クリニックで切除しております。
これも、舌小帯と同様、簡単な処置なので、すぐに終わります。
そして、舌小帯と違い、術前、術後のトレーニングは不要ですが、矯正治療の一環として、離れた歯を、ゴムなどをかけて引っ張りくっつける作業が必要です。

このように、唇の裏側にある「上唇小帯」が長すぎるとすきっ歯になりやすいため、お子さまの上の前歯の真ん中に不自然なすき間がある場合は、一度当院までご相談ください。
その他、「前歯が重なっている」「かみ合わせが反対のように見える」場合も何らかの異常が疑われますので、まずはカウンセリングを受けましょう。そんな「幼児の歯並び相談」については、個別ページをご覧ください。
個々のケースについて、詳しく解説しています。

子どもの矯正治療の方法や費用、期間などについて、事前にある程度知っておきたいという方は、「小児矯正について」というページをご覧ください。
立川の小児矯正歯科の近藤歯科クリニックの“矯正治療の考え方”も掲載しております。

関連コンテンツ

関連のある記事です。

 

近藤先生の紹介

お問い合わせ / ご予約

立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722
お問い合わせ ご予約