MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > 小児矯正と萌出困難歯

小児矯正と萌出困難歯

矯正歯科治療について
2018年10月9日

小児矯正と萌出困難歯

萌出困難歯とは、通常生える時期になっても、何らかの理由で生えてこ
ない歯のことです。

たとえば、乳歯がなかなか抜けずに生えてくることが出来ない場合、さ
らに、生える場所が無くて、生えてこられない歯。
これは、乳歯から永久歯への交換期の後期に多くみられます。奥歯で最
後に生えてくる第二大臼歯が生えるスペースが少なく、親知らずもある
ときに、それに邪魔されて、もぐったままになってしまうことがありま
す。

この場合は親知らずを抜くのと、第二大臼歯のまわりの歯ぐきを外科的
に切って歯の頭の部分を出して生えてきやすいようにします。

また、この第二大臼歯の歯の頭の部分に「歯冠周囲嚢胞(のうほう)」
といって、膿(うみ)の袋が被っているときもこの袋を取り除いて歯の
頭を出してあげなくてはなりません。

あと、萌出困難歯のなかには異所萌出といって、本来生えるべきではな
い別の位置から生えてくることもあります。

上の犬歯は、歯の中で最も長く立派な歯ですが、これが前の方に寄って
、中切歯や、側切歯のあたりに出てくることもあります。

これを放置しておくと、犬歯が中切歯や側切歯の歯根をまるで、乳歯の
根みたいに溶かしてしまい、大事な永久歯である、中切歯や側切歯がダ
メになってしまうこともあるのです。

しかし、小児矯正を行い、早期からレントゲンを撮って経過を見ていれ
ば、予測できますので、当クリニックでも、その場合は早めに犬歯を定
位置に誘導し対応しています。

ただし、その場合は固定式の矯正装置(ワイヤーブラケット装置)が必
要になることが多いです。

この萌出困難歯も、異所萌出歯も、やはり、あごの成長が少なくなって
きているのが原因だと思われますので、今後も増加傾向になると思いま
す。したがって、小児矯正の重要度は高くなっていくでしょう。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722