MENU
お問い合わせ
ご予約
子供の矯正
ホーム > 矯正治療 > 子どもの矯正治療の始める時期

子どもの矯正治療の始める時期

子供の矯正
2018年10月9日

はじめに

お子さんの矯正治療を始める時期は、歯科医の考え方によって、だいぶ差が出ています。

以前は、矯正治療は永久歯を抜くのが主流でしたので、小学校高学年以降の比較的遅い時期に始めているケースが多かったですが、最近は早期治療が支持されてきています。

よく、歯並び相談で、「様子をみましょう」と歯科医師に言われてしまうことがありますが、様子を見ていれば、歯の重なりは重症化し、歯並びだけでなく、お顔のかたちまで影響が出はじめてしまいます。

仮に“経過をみる”にしても、その時期、その時期で生活習慣、食生活の習慣、発音、嚥下の状態など取り組んでいくべき事はたくさんあります。

立川の小児矯正歯科、近藤歯科クリニックでは、お子様の歯並びが重症化する前の、早期の来院を願っています。 では、“早期の来院”とはいつでしょうか?

もくじ

1. 子どもの矯正治療の始める時期

適齢期は7、8歳、小学校低学年です

子どもの矯正は以前は永久歯を抜く矯正治療が一般的だったため、小学 校中、高学年から始めるのが常識でした。

生えてきた永久歯をすぐに抜いて矯正治療を始めるのです。

しかし、次第に矯正治療を始める時期は早く(低年齢化)なり、現在は 小学校低学年から始めるようになってきています。

早く始めると以下のメリットがあります。

  • 1 永久歯を抜かなくても矯正治療が可能。
  • 2 状態が悪くなる前に対処できる。(重症化させない)
  • 3 過剰歯、欠損歯などが事前に見つかりやすい。
  • 4 生活習慣、食生活なども幼少期のほうが直しやすい。
  • 5 比較的早く、矯正治療を終らせることが出来る。
  • 6 お子様方の負担が少ない。
  • 7 お子さんの自我形成の前で親の言いつけを素直に聞いてくれる。

また、“受け口(反対咬合)のお子様の場合は、小学校入学前の4,5歳に時期からの来院をおすすめします。

6歳以降(小学校入学時)になると、前歯が永久歯に生え変わり、乳歯(子どもの歯)の時期より治しにくくなるからです。

2. 子どもの矯正治療を従来は遅く始めた理由

従来の矯正治療の考え方は、歯並び、噛み合わせはご両親の遺伝でほぼ決まり、その遺伝的傾向は変えられない。そして、その成長発育の程度も予測がつきにくいため、矯正治療をしても、歯科医師側にとって予測を立てにくい、というものでした。

さらに、歯を並べるために最も確実なのは“永久歯を抜いてスペースをつくる”ことであり、その抜くべき永久歯の生えてくる時期から、まず、永久歯を抜いて、矯正治療始めていく、という考えもありました。

小学校低学年のお子さんの歯並び、噛み合わせを、実際に小学校の歯科健診で診てみると、まだその時期は“遺伝的傾向”よりも、“環境的傾向”が強くでていることに気づかされました。

ということは、その“環境的原因”に取り組み、変えていくことにより、“遺伝的傾向”を少しでも少なくできるのではないか?

さらに、小学校低学年の歯の重なりは、まだ軽症であり、早期に取り組むことは、早期治療ということで、お子様のご負担も少なくなるのではないか?

そして、小学校時代はその人の生活習慣の基本となる時期であり、その良い歯並びになっていくための良い生活習慣づくりが、歯並びだけでなく、歯の健康、身体の健全な成長発育につながっていくのではないか。

「ただ、黙って様子を見ているよりは、今、出来ることをしていきたい!」

これが当クリニックの矯正治療の考え方です。

3. 子どもの矯正治療を早期に始めるメリット

1.永久歯を抜かなくても矯正治療が可能

これだけでも、素晴らしいことといえます。お子様も、いずれ大人になってからも「ああ、矯正してよかった!!」ときっと、思います。

2.状態が悪くなる前に対処できる(重症化させない)

「歯並びが良くない」のにはその原因があり、良くない歯並びは結果なのです。ですから、原因がそのままであれば、「歯並び」が急によく変化することはありません。

よく歯科健診で、歯並びについて相談すると。「永久歯に生え変わるまで、様子を見ましょう」などと言う歯科医師がいますが、これは“問題の先送り”と言えます。

たとえば、子どもの4、5歳の反対咬合(受け口)を放置すると、小学校1,2年で永久歯が生えてきてもまた、前歯の噛み合わせが逆になり、さらに小学校4,5年で顔のかたちも下あごが前に出るしゃくれた顔になってしまいます。

当クリニックでは、問題を先送りにせず、良くない歯並びの原因を考えその時その時出来ることを模索し、お子様にも無理なくおすすめしています。

3.過剰歯、欠損歯が事前に見つかりやすい

過剰歯(通常ある歯より余分にある歯)、欠損歯(通常ある歯の数が足りない場合)は、最近増える傾向にあり、矯正治療を始めない限りは、普通、お子さんの歯科治療では口全体のレントゲンを撮りませんので、早期に発見でき、対応も早くできます。

4.生活習慣、食生活なども幼少期のほうが治し易い

小学校低学年の時期に、その人の生活習慣は形作られていくものですから、その時期に矯正治療を始めることにより、良い習慣作りが歯並びがきっかけとなり可能になるのではないでしょうか。

一方、食生活は幼児期から習慣づけられていますから、幼児期からの歯並び、矯正に詳しいかかりつけの歯科医院をつくっておくことです。

近藤歯科クリニックでは、立川で最もお子さんが低年齢の時期から、たとえば、離乳期から、歯並び、噛み合わせについてのアドバイスを行っております。

ただし、早期の矯正治療開始がきっかけとなり、小学校低学年の食生活の改善も十分可能です。

5.比較的早く、矯正治療を終わらせることができる

小学校高学年になると、中学受験や、ほかの習い事、サッカーなどの運動で忙しくなり、中学生になると、今度はクラブ活動などで忙しくなり、矯正治療を続けていく余裕が無くなってしまいます。

6.お子様方の負担が少ない

小学生の方が中学生よりも、装置を装着できる時間的余裕があります。中学生になると、学校ではクラブ活動が盛んになり、運動部などでは、装置を入れにくくなる傾向にあります。

7.お子さんの自我形成の前で、親の言いつけを素直に聞いてくれる

個人差がありますが、一般的に反抗期に入りますから、矯正装置の装着や、舌や唇のトレー二ングの継続が難しくなる傾向にあります。

まとめ

子どもの矯正治療を始める時期は、歯科医師の考え方によってだいぶ差があります。

当クリニックでは、早期治療をお勧めしています。

小児矯正治療が、単に歯並びだけの問題にとどまらず、健全な成長発育をめざして、良い生活習慣、食生活を身に着けていただくきっかけとなっていただければ、私たち、当クリニックとしても、スタッフ一同この上ない幸せであります。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722