MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科コラム

目立たない矯正

矯正歯科コラム
2021年1月29日

目立たない矯正治療への取り組み

矯正治療は様々なメリットがある反面、歯に装置を装着するイメージが強く、見た目を気にする方が多いと思います。当クリニックではそういった不安を解決できる目立たない矯正治療が可能です。

目立たない矯正治療の種類

当クリニックでは、なぜ目立たない矯正治療を可能としているのか?大きな特徴3点をご説明します。

特徴① マウスピース矯正(インビザライン)

矯正装置は透明のマウスピースを使用しますので、目立ちません。さらに、マウスピースは歯の部分しか覆わないので矯正をしていることすら分からない、ことがほとんどです。食事の際は外します。
装着の違和感も無く、会話にも全く問題ありません。
詳しくはこちらへ ⇒ 立川の歯を抜かない矯正歯科

特徴② 拡大床装置(床矯正)

装着時には、前歯に横の針金(ワイヤー)が見えますが、従来の固定式のブラケット装置と
比較しますと、目立ちません。そして取り外し式なので、食事や、よくしゃべる状況では、
外すことができます。マウスピースに比較すると歯の部分だけでなく、歯茎の部分を少し覆うので、
その分、違和感、しゃべりにくさはあります。
詳しくはこちらへ ⇒ 立川の歯を抜かない矯正歯科

特徴③ 舌側矯正

従来の固定式のブラケット装置を歯の内側につける矯正方法です。
ただし、当クリニックでは、以下の理由で行っておりません。
① 機能的に良くない(当クリニックは“口腔の機能”を重視しています)
② 従来の歯の外側に着ける方法よりも舌が痛い、しゃべりにくい。
(当クリニックは痛みが少ない矯正を目指しています)
③ 費用が高額になってしまう。
(当クリニックは費用が少ない矯正を行っております)

メリット・デメリット

それぞれの治療方法に良し悪しはあるのでしょうか?ここでは各治療方法のメリット・デメリットをご説明していきます。

マウスピース矯正

メリット

①目立たない
② 痛みが少ない
③ 治療期間が短い
④ 開咬、前歯部叢生などの症例に最適

デメリット

①床矯正より費用が高い。(74万)・・・とはいっても、他院と比較すれば抑えています。(平均90万)
②歯の細かい動きが難しい

床矯正

メリット

①お子さんの成長発育を引き出せる
② 歯の細かい動きを行える
③ 費用が安い(平均40万)

デメリット

①症例が限られる(重度の歯の重なりの場合は難しい)
②トレーニングに対する取り組み方で個人差がでてしまう。

舌側矯正

メリット

①目立ちにくい

デメリット

①費用が高額(120万円程度)
② 痛みが強い
③ 発音しにくい
④ お子様のあごの成長発育を妨げることがある
⑤ 口腔の機能に支障がある

お問い合わせ / ご予約

立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722