MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について

10月28日 矯正相談(2)

矯正歯科治療について
2017年11月2日

〇主訴あごが小さくて、これから歯並びがどうなるか不安

◎回答

まず、矯正装置を使用する前に、よく噛む習慣と舌のトレーニングで口まわりの筋肉の状態を良くして、3,4ヶ月後に矯正装置を入れ始めます。

さらに、拡大装置で歯並びを広げながら、”よく噛む”とあごの成長発育もいい方向になると思います。

固定式矯正装置のワイヤー装置は、装置自体の力で歯を動かすため、装置を外した後、後戻りしやすい。

取り外しの床装置はよく噛むことで、歯の位置を噛む力でつくっていくために、後戻りしにくい。

現状では上の前歯の間は離れていますが、よく前歯を使って噛むと、寄ってくっつきやすいです。

あと、食事の時の姿勢にも気を付けてください。

座った時にかかとが床にちゃんとつくように、気を付けてください。

そうすると、猫背にならず、よく噛めます。

お問い合わせ / ご予約

              立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

              矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722