MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について

11月21日 矯正相談(8)

矯正歯科治療について
2017年11月30日

8歳男性

〇主訴

前歯(上顎中切歯)が“ハの字”になっている。

お母様反対咬合ぎみ

他院では、「様子を見ましょう」と言われた。

鼻づまりがあって口が開き気味

〇答え

レントゲンを撮り、正中過剰歯が無かったので、前歯でよく噛むことと、舌のトレーニングをおすすめしました。

前歯の大きさも大きめなので、このまま、様子をみていると、さらに前歯の重なりが強くなっていくでしょう。

前歯をよく使えば、徐々に前歯の向きも改善されていくでしょう。

舌については、パナシールドや、ガムを噛むトレーニングをしていくことで、機能が良くなり歯並びも早く整いやすいし、治療後の後戻りも防ぐことができます。

ある程度(4,5ヶ月くらい)トレーニングをしてから、実際に矯正装置を入れて歯並びのアーチを広げていきましょう。

お問い合わせ / ご予約

              立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

              矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722