MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について

12月12日 矯正相談(16)

矯正歯科治療について
2017年12月16日

46歳 女性

〇主訴

上の右の2番目の歯(上顎側切歯)が反対に入っている。

発音がよくない。

最近、あごと歯がずれてきてきたような気がする。

固いものを噛んだ時に関節がずれてしまった?音がしたかもしれない。

〇答え

歯の噛み合わせが逆になっているのは、実際に上顎側切歯だけですが、上あごと下あごの位置が下あごが前にきて、受け口ぎみなので、矯正治療においては難しいほうだといえます。

仮に、前歯の並ぶスペースが足りないからといって拡大装置で歯並びを広げようとしたら、舌の位置が不安定なため、今の噛み合わせが一気に崩れてしまい、完全な受け口になってしまうおそれがあります。

ですから、安易に取り外し式の拡大装置は入れずに、まず、舌のトレーニングをしましょう。

舌のトレーニングは、ガムを噛みながら行うものと、マウスピース(パナシールド)を夜間にはめていくものがあります。

矯正治療はトレーニングを半年以上行ってから、相談しましょう。

 

 

お問い合わせ / ご予約

              立川の矯正歯科なら近藤歯科クリニックへ

              矯正・小児矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722