MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > マウスピース矯正

マウスピース矯正

矯正歯科治療について
2018年10月9日

マウスピース矯正のメリット・デメリット

最近、マウスピース矯正という矯正治療が行われるようになってきました。
この矯正治療は従来のように、ワイヤー装置など、歯に装置を装着するのではなくて、透明のマウスピースを歯並びの状態に合わせて、いくつも作り変えながら、徐々に歯を動かしていく治療法です。
マウスピース矯正装置の種類には、インビザライン、アソアライナー、トレーナーシステムなどが挙げられます。

メリット

  • 装置が見えにくい
  • 装置が外れることもない(マウスピースが破損することはあります)
  • 金属アレルギーの人にも矯正治療が受けられる

デメリット

  • 歯を動かすのが難しいので、軽度な治療が中心
  • 装着時間が長い(1日20時間以上)
  • 装置が壊れることもある
  • 噛み合わせを整えにくい
  • 後戻りしやすい
  • むし歯、歯周病になりやすい
  • 成長期のお子さんには向かない
  • とくに費用が安いわけではない(床矯正治療よりも高い)

適応について

実際に歯を動かすには矯正器具の力が必要で、床矯正治療の場合はさらに“よく噛む”ことで噛む力を利用して歯を並べます。したがって、マウスピースを装着するだけですと、重度の歯列不正、とくに噛み合わせも修正したい場合では難しい(適応外)のではないでしょうか?

また、歯並びは正しい咀嚼嚥下機能や舌の機能、さらに適度な咬合力によって維持されますので、ただ、歯を動かしただけでは治りません。おそらく、口腔機能の向上のトレーニングをしなければ、治療終了後、後戻りも考えられます。

また、マウスピースを長時間、長い期間にわたって装着していることは、顎関節にもあまり良い影響はないのではないでしょうか。以前は「顎関節症」の治療にマウスピースが多用されていましたが、現在はほとんど使用されません。かえって顎関節の症状悪化がみられるからです。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722