MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > 小児矯正の治療終了時期

小児矯正の治療終了時期

矯正歯科治療について
2018年10月9日

小児矯正の治療終了時期

小児矯正は一般矯正と比較して早期に始めますから、その分早めに終わ
らせることができます。

12歳臼歯がちゃんと生えたら終わり

12歳臼歯とよばれる、永久歯の一番奥の歯が生えて終わりです。(親
知らずというのは、さらにその奥の歯で、生える人と生えてこない人、
もともと無い人がいますが、生えてくるのは20歳以降です。)

12歳臼歯(第二大臼歯)というくらいですから、12歳、小学校6年
から中学校1年の前半に生えるのですが、最近、あごの成長がわるくな
っているためか、生えるのが遅くなる傾向にあります。したがって中学
校3年から高等学校1年くらいに生える人もいます。

そして、あご成長がよくないために、この12歳臼歯が傾斜して生えて
きたり、前の歯(6歳臼歯=第一大臼歯)に引っかかって倒れてしまう
ことがよく、あります。

矯正治療が継続中であれば、矯正装置を改良して、歯の傾斜や引っ掛か
りを修正できます。

ですから、一番奥の歯(12歳臼歯)が生えるまで、矯正治療を継続す
るのです。

従来の矯正の第一期治療のみ、第二期はありません

従来の矯正治療では、第一期治療と第二期治療に分けて、12歳臼歯が
生えた後、成長発育がほぼ終わってから第二期治療を開始していました
が、当クリニックの小児矯正では、第一期治療にあたるところで終わら
せますので、その分期間も早く、費用も少なく矯正治療を終わらせるこ
とが出来ます。

中学校に入るとクラブ活動や勉強で忙しくなり、なかなか矯正治療で定
期的に歯科医院に通うのは難しくなってきます。

ですから、矯正治療を早く終わらせることは重要です。

矯正治療後の後戻りについては、「前歯でひと口目をガブッと噛み、そ
のあとは奥歯でよく噛む」ということを意識されれば、ほとんどありま
せん。

また、“受け口傾向”の強いお子さんは(とくに男の子)は中学生になって
もまだ経過観察または、治療が継続することがあります。それは“背が伸
びると同時に下あごも前に出る”傾向にあるからです。

パナシールドなどを使用しなが

ら対処していきます。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722