MENU
お問い合わせ
ご予約
子供の歯並び
ホーム > 矯正治療 > 歯並びの良い子どもにするには?

歯並びの良い子どもにするには?

子供の歯並び
2018年10月9日

 

歯並びの良い子どもにするには?

歯並びには遺伝的なものが大きいと従来は言われてきました。

しかし、それは従来の矯正の開始年齢が遅く、ある成長発育のピークを 過ぎてから始めていたためと思われます。

幼児期(3~6歳)小学校低学年期(6~8歳)のお子様方の歯並び、噛み合 わせは生まれてからの生活習慣(環境的原因)のほうが大きいのです。

たとえば食事の摂り方、食べ方、好き嫌いなど。

さらに、乳児期の育て方からも影響を受けているのです。

では、実際にはどういうところから注意すればいいのでしょうか? 以下簡単にあげてみました。

  • 1. 妊娠期、または妊娠前
  • お母さんのお口の中の環境を良くしておきましょう。 むし歯、歯周病の治療は行い、定期健診をうけるようにしましょう.
  • 赤ちゃんのお口の中はほぼお母さんのお口と同じ状態です。

  • 2. 乳児期
  • ハイハイはいっぱいさせて、無理に立ちあがらせない。
  • 離乳食をあげるとき、スプーンを全部お口の中に入れない。
  • 寝るときはなるべく上を向かせて。
  • 卒乳はなるべく1歳過ぎで。
  • 正しいブクブクうがいの練習。

  • 3. 幼児期
  • 前歯で食べ物を噛むように、硬いものでなくても可。
  • 適度に運動し、よく歩かせる。
  • 甘いものを憶えさせない。
  • 食べるときの姿勢に注意、かかとが床につくようにする。

  • 4. 小学校低学年
  • 前歯でよく噛む。
  • 食べるときの姿勢に注意。
  • 授業中など、頬杖をつかないようにする。
  • 舌の機能のトレーニング(舌を上あごに着けるなど)をしていくこ とが望ましい。

ざっとあげて、このような感じです。
近藤歯科クリニックではそのお子さんの状態を見て、細かく指導い たします。

しかし、最近は全体的にあごの成長が少なくなっていますので、小 学校低学年のまだ歯の重なりが軽度のうちに、小児(子どもの)矯 正を開始することも提案しています。

矯正治療を進めていきながら、健全なお口の成長発育も促すために 舌のトレーニングや、よく噛むことに引き続き取り組んでもらうよ うにしています。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722