MENU
お問い合わせ
ご予約
子供の矯正
ホーム > 矯正治療 > 小児矯正の流れ

小児矯正の流れ

子供の矯正
2018年10月9日

小児矯正の流れ

小児矯正の始まりから終わりまで順を追ってみていきましょう。

1 開始期

上の前歯が2本生えた時期に、取り外しの装置を入れ始めます。
ほとんどの場合、いきなり装置ではなく、小学校入学前から、“よく噛む習慣づくり”をしています。
お母様、お父様方に、“噛むことの大切さ”をお伝えします。
また、“舌の機能”がよくないお子さんにはマウスピース型のパナシールド(小児矯正とバイオセラピーのパナシールドにサイト内リンクです)をおすすめしています。
そして舌や口周りの筋肉の状態が良くなって、上の前歯が2本生えてきた時期に、装置を使った拡大処置を始めます。
拡大装置は1個で終わることは滅多になく、2個以上が通常です。

2 永久歯交換期

拡大が完了しましたら、歯並びを整える装置(閉鎖型装置)を入れて、犬歯や小臼歯の生え変わりを待ちます。
この“犬歯の生え変わり”が小児矯正最大の“ヤマ場”となります。
下あごの場合、永久歯への生え変わりは「犬歯⇒第一小臼歯⇒第二小臼歯」と先に犬歯がでてくるのではが並ぶのも比較的簡単ですが、上あごの場合は、「第一小臼歯⇒犬歯(または第二小臼歯)⇒第二小臼歯(または犬歯)」となるので犬歯より先にその奥の第一小臼歯が生えてくるため、犬歯の並ぶスペースがなくなりやすく、いあわゆる“八重歯”という、犬歯がポコンと外側に出てしまう状態になってしまうのです。
ですから、犬歯が生え始める前の時期までに小児矯正の場合は拡大処置を完了していることが望ましいのです。
犬歯が生えてくるのは男の子でだいたい10~11歳、女の子で9.5~10,5歳です。
もし、この犬歯が生えてくるときにそのスペースが足りなければ、前方移動装置または、後方移動装置で歯並びを前後的に拡大しなくてはなりません。

3 噛み合わせ完成期

犬歯、小臼歯の交換が終わると、同時に背の伸びもだいぶ落ち着き、歯も一番後方の第二大臼歯以外、生えそろい、上下の歯かきちんと噛み合わさって噛み合わせも完成します。
この時期の小児矯正装置は引き続き、歯を整える閉鎖型装置を使用していますが、装着時間は家だけとか寝る時というように、少し時間を短くして装着してもらいます。

4 矯正治療終了期

いちばん奥の第二大臼歯がちゃんと生えてきて矯正治療は完了します。
ただ、最近の傾向として、お子さんたちのあごの成長が少なくなったためか、この第二大臼歯(12歳臼歯)の生える
時期が遅くなり、早いお子さんでは小学校6年で生えますが、中学校1,2年が普通で、遅いお子さんは高校生になる場
合もあります。
普段から“よく噛んで”いれば、それほど遅くなることは少ないですが、「いつ矯正治療が終わるのですか?」とよく聞 
かれる方に限って遅くなる傾向があるようです。
その場合、「とにかくよく咬むこと」を提案しています。
また、この第二大臼歯が生える時、倒れてちゃんと上下の噛み合わせができないことも、よくあります。
やはり、あごの成長不足が原因と思われますが、この場合、小児矯正装置(閉鎖型装置)をちゃんとつけていれば、その  
一部分に、倒れている歯を起こす“補助弾線”という装置を付け加えることもできますので、ご安心ください。

○矯正治療終了後は定期健診で年に1,2回チェックをしています。

むし歯の発生、歯ぐきの状態、歯並びの経過などを診ています。
あと、大事なのは“親知らずの動向”です。
もともと、親知らずが無い人はいいですが、親知らずがある人は注意!です。
生える場所が無いので生えてこなくても、歯ぐきの中にもぐった状態で、歯を押して歯並びを悪くさせます。
したがって、定期健診の時、ときどきレントゲン写真をとって親知らずの状態を確認しています。
一般的に生えてくるまで待つよりも、20歳くらいになったら早めに抜かれることをおすすめしています。
そのほうが歯並びに悪影響が無いからです。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722