MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > 立川 近藤歯科クリニックの矯正歯科治療

立川 近藤歯科クリニックの矯正歯科治療

矯正歯科治療について
2018年10月9日

立川 近藤歯科クリニックの矯正歯科治療

お子さんの歯並びが気になっているものの、小児矯正歯科治療をするかどうか迷っている方も多いかと思います。

治療費用もそれなりにかかりますし、それ以上に、お子さんへの負担にもなりますので、悩んでしまう気持ちも十分にわかります。ここでは、そんなお悩みをお持ちの親御様に小児矯正治療のメリットをご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

バランスのとれた美しい歯並び

子どもは成長発育が期待できるので、身体の発育とともに、あごやお顔も成長し、歯並び、かみ合わせも治療によって創られた感じではなく、自然なお顔に合ったバランスのとれた美しい歯並びを目指すことができます。

コンプレックス解消

子どもですから、お互い見た目だけで判断したり、からかったりするといったこともあるでしょう。歯並びの悪さにコンプレックスを抱えて、思い切り笑えなかったり、人前で話せなかったりといったこともあるかもしれません。

ほとんどの歯並びの悪いお子さんは、前歯が永久歯に生え変わる小学校低学年の時期から、歯並びが悪くなり始めますが、同時にこの時期は人格形成に重要な時期でもあります。ですから、この時期から矯正治療を始めるのがベストといえます。

むし歯や歯周病予防

歯並びの悪さは、むし歯の発生、歯周病の進行に大きな影響を与えます。
当クリニックでも、見た目だけでなく、むし歯、歯周病予防のために、大人になってから矯正治療を始める方が多くいます。

治療期間の短縮

成長段階で行う小児矯正歯科の治療は、骨組織の再生も早く、一般に大人の矯正治療よりも短期間で終了します。
たとえば、当クリニックで行っている乳歯列期(永久歯がまだ生えてこない、子どもの歯の時期)の受け口の治療ではパナシールドを使用してもらいますが、この装置を睡眠時にちゃんとつけられるようになると、なんと、受け口が治ってしまうのです!!矯正装置をつけたり、歯を動かしたりせずにです。
これが永久歯が生えてからだと、他の矯正装置の使用が必要になり、さらに小学校高学年になると、お顔自体が長く変わってしまい、もう矯正装置ではお顔の形は治せなくなってしまいます。したがって、症状の軽度の時(本格的な成長発育前)のほうが治療もやさしく、治療期間も短縮できます。

さらに、当クリニックで行っている小児矯正の床矯正では以下メリットもあります。

床矯正のメリット

歯並びだけでなく、きれいな口元へ

床矯正の特長として、矯正装置をつけるだけでなく、舌のトレーニングや、よく噛むトレーニングをします。成人でも効果がありますが、成長時期のお子さんでは、自然な成長発育によりきれいなお口元をめざせます。

発音、滑舌の改善

さらに、床矯正では、歯列の拡大、舌のトレー二ングにより、舌の動きが良くなるにつれて、発音、滑舌も良くなることが多くあります。上顎(あご)の歯列が広くなれば、舌が口蓋(こうがい)にくっつけやすくなり、舌を持ち上げる力もトレーニングにより強くなります。
詳しくは舌の癖をご覧ください。

噛み方、良い習慣づくり

小学生時代に良い生活習慣が身に着けば、大人になっても健康で病気になりにくい身体を維持できる可能性が高まります。良く噛んで食べれば、肥満防止、成人病なども少なくなります。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722