MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > 乳歯(子どもの歯)の生え変わり

乳歯(子どもの歯)の生え変わり

矯正歯科治療について
2018年10月9日

乳歯(子どもの歯)の生え変わり

生後半年ほどで生えてきた乳歯が6歳頃から抜け、いよいよ永久歯が生えてきます。永久歯への歯の生え変わりは成長過程として、お子さんも親御さんもうれしいものです。

ただし、乳歯が抜けてもなかなか永久歯が生えてこなかったり、乳歯がグラグラしていないのに下から永久歯が出てきたりすることがあります。

そのような不安がありましたら、歯科医院にお早めに相談してください。

乳歯の抜ける順番

年齢 抜ける乳歯
5歳半 最初に下の前歯2本=中切歯
6歳 上の前歯2本=中切歯(6歳)、この前歯とほぼ同時に、下の奥歯=第一大臼歯、6歳臼歯が生えてきます。
7歳 下の前歯残りの2本=側切歯が中切歯の両側に生えてきます。
8歳 上の側切歯が生えてきます。『この上の側切歯がなかなか生えてこない』と心配される親御さんが多いですが、希にもともと無い(先天性欠損)こともありますが、ほとんどの場合は生えるスペース不足でつっかえているのです。
9歳 一段落して、下の犬歯と上の前から4番目の第一乳臼歯が抜けはじめます。下の歯のは、前から順番に、上は子どもの犬歯はまだ抜けずにその1本奥の歯が抜けるのです。そして下の犬歯と上の第一小臼歯が生えます。
9歳半 後は上の第二乳臼歯(乳歯の一番奥の歯)が次に抜け、ほぼ同時に上の最期の生え変わりの乳歯の犬歯が抜けます。この時が床矯正治療最大の山場、ご本人がよくご飯を噛んで食べてくれればまず、綺麗に並びます。
11歳 最後は下の乳歯の一番奥の第二乳臼歯
12歳 ちょうど、中学1年生の夏ごろ一番奥の永久歯=第二大臼歯、12歳臼歯が生えてきて、永久歯の歯並びが完成します。さらに親知らずがある人(最近のお子さんは半分くらいあります。)は、大人になってから抜かなくてはならないかどうか、経過観察です。

先天的に歯の数が少ないことも?

矯正治療をしていると、生まれつき歯の本数が少ないお子さんを見かけます。
割合的にはけっこう多く、20〜30人に1人、レントゲンを歯科で撮らないお子さんを含めると、1クラス(30〜40人)に2人はいる感じがします。

歯の少ない場所として多く見られるのは、下の第二小臼歯、次に下の側切歯です。両側無い場合もありますし、片側だけの場合もあります。
殆どの場合、矯正治療の前に分かれば、対処可能です。

永久歯の萌出異常について

人によっては、歯がとんでもない所に生えて来ることがあります。
最も注意しているのが犬歯(糸切り歯)の生えてくる方向です。この犬歯が前の方に、側切歯の上に生えて来ることがよくあるのです。
放っておくと、永久歯である側切歯の根を溶かしてしまい、ダメにしてしまうこともあります。

矯正治療では、犬歯がなかなか生えてこない場合、レントゲンを参考に潜っている犬歯の上の骨を削って犬歯の頭(歯冠)を出し、そこに矯正の装置をつけて引っ張り出します。

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722