MENU
お問い合わせ
ご予約
矯正歯科治療について
ホーム > 矯正治療 > 床矯正での治療は治るのでしょうか?

床矯正での治療は治るのでしょうか?

矯正歯科治療について
2018年10月9日

はじめに

「床矯正での治療は治らない」
「あごを広げるからゴリラ顔になる」
などと言う歯科医師がいます。
本当のところは?
このページはそういう声に心配されている方々のために作りました。
まず、「床矯正治療」とは「床装置の拡大のみをした治療」を指すのでしょうか?
それとも、「床装置で拡大しながら、機能訓練をしていく治療」を指すのでしょうか?
ひとくくりに「床矯正治療」といっても、たとえば、「マウスピース治療」といってもその種類は、数えきれないほどあり、床矯正治療もその矯正歯科によって、千差万別、それぞれ異なっているといえます。
ここでは、その“千差万別の床矯正”について議論するのではなく、
当クリニック(立川の矯正歯科 近藤歯科クリニック)で行っている
「床装置を主に使用する矯正治療」について詳しく述べてみます。

もくじ

床矯正での治療は治るのでしょうか?

「床矯正は治療費は安いけど本当に大丈夫…?」
「床矯正は簡単な矯正?だから…」
など、費用も安くて、お手軽だが、“安易な矯正治療”というイメージが
あるかもしれません。
では、実際はどうでしょうか?

1) 近藤歯科クリニックの床装置を使った矯正治療とは?

これについては、
使用する、取り外し式の矯正装置の特長
矯正治療に対する考え方
以上の2点からご説明いたします。

① 使用する取り外し式の矯正装置の特長

まず、第一に装置の特長について述べます。
従来の矯正は歯にブラケットという固定装置をつけ、
そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。取り外し式の床装置は歯に直接固定装置をつけずに、
取り外しの(義歯みたいな)装置で歯を動かしていきます。
従来の固定装置は、歯を動かすのに比較的強い力が加えられるため、痛みがあるのと、装置の見た目が目立つ、
さらに歯みがきがしにくい、むし歯になりやすい、という欠点がありました。

取り外しの床装置は歯には強い力が加わりにくいため、固定式の装置と比較しますと、痛みはほとんどありません。

また、取り外しができるので、食事時、歯みがき時、写真に写るときなど、自由に外すことができます。

※ただし、当クリニックの矯正治療でも、固定式装置を、かみ合わせの状態、歯の角度によっては相談の上、
おすすめすることもあります。しかし、この場合でも、最初に取り外し式の矯正装置で歯を動かしていますので、
固定式装置に代えても強い力は加わらず、痛みもほとんどありません。
そして、床装置の装置上の欠点としましては、歯を動かす方向が一方向に限られてしまうことと、
装置を装着して長くなると(1年以上)劣化して壊れやすくなってしまうことです。これに対しての対処法は、
いくつかの装置を組み合わせて使用することです。また、ちゃんと決められた時間装着し、ネジをまわしていけば、
一つの装置が1年近くかかることはありません。

②  矯正治療に対する考え方

従来の矯正治療は、「歯をきれいに並べる」ことを重視してきました。
“矯正治療”ですから、これは当たり前のことかもしれませんが、“歯並び”にはその原因があって、“そのような歯並び”になっているのです。

いくら、歯みがきしても、甘いお菓子を食べ続ければむし歯になりますね。
それと同じで、“歯並びの原因”に対処しなければ、多かれ少なかれ“後戻り”します。
当クリニックの矯正治療は、この“歯並びの原因”を患者さんとともによく、考え、対処していくのです。これが、床矯正研究会の考え方です。
※歯並びの原因としては、たとえば、その人の噛み方、食べ物の好み、寝相、唇や舌の使い方、ご両親からの遺伝などがあります。


そして、“永久歯も極力抜かない”ということも原則にしています。
なぜならば、永久歯を抜いて歯が並ぶ場所をつくっても、「“歯並びの原因”が変わっていかなければ、
また、元の歯の位置に歯は戻っていく」ということです。

ですから、床矯正治療は、床装置によって、歯を抜かずに歯を動かすとともに、
その人の噛み方、唇や舌の動きも変えていくという治療と言うことができます。

床矯正=取り外しの装置を使って歯並びを良くする矯正⇒ではなく、
当クリニックの「床装置を使用する矯正治療」は

取り外し式の床装置を使用しながら、良い生活習慣を身に着けて、
よく噛んで、舌の機能も良くしながら、永久歯を抜かずに、健康な歯並びにしていく矯正・・・・・なのです!

2)床装置を使った矯正治療が難易度が高いケース

まず、口の中の歯並び、かみ合わせ的に見ますと、「大人の重度の叢生、反対咬合(受け口)、開咬」などが挙げられます。

しかし、これらの状況は、固定式の装置を使用した矯正治療でも治療はなかなか困難であるといえます。
重度の骨格性反対咬合の場合、通常の矯正治療だけで治すのは困難で、
最終的にはあごの骨を切る外科処置をすすめられますし、重度の叢生も後戻りを防ぐために、
前歯の内側に永久固定の装置を装着しているケースがよくみられます。

つぎに、患者さんのおかれた状況によっても“取り外し可能な装置”のため、
装置を入れておく時間が確保できない場合は難しい
といえます。大人の場合、仕事などで昼間入れられないとか、
中学生の場合、クラブ活動で入れる時間が不足するような状況も床装置を使った矯正治療は困難です。

床装置を使った矯正治療の開始適齢期は小学校低学年ですが、この時期においても、甘いものを毎日のように食べていて、
むし歯が多発しているお子さん、ならびにご両親が仕上げみがきもあまりする暇がなく
みがき残しだらけで口腔環境があまり良くないお子さんも、床装置の矯正治療もおすすめできませんが、
それ以上に従来の矯正治療で使用されている固定式の装置はむし歯を多発させてしまうため、禁忌症となります。

3)患者さんのご希望について

矯正治療はどこの歯をどのようにするか、患者さんのイメージが重要です。
患者さんご本人(お子さんの場合はご両親も含めて)にどのようにしたらいいかを(主訴)よく聞くようにしています。

その中で出来ること、出来ないことをお伝えし、最終的な歯並びのイメージをもってもらいます。

その中で、
「従来の矯正治療は、私たち歯医者が理想の歯並びを装置によって創っていく感じ」、
「床矯正治療は患者さんご本人の身体の力、噛む力で自然な歯並びを創り上げていくのを私たち歯医者がサポートしていく感じ」
といえます。

床矯正研究会主幹の鈴木設矢先生も“自然に歯が並ぶ力”というものを重視されています。
たとえば、唇と舌の力がお互いにバランスがとれていれば、自然ときれいに歯は並ぶのです。
ですから、機械的なキチッとした歯並びを追求するのならば、従来の矯正治療(場合によっては歯を抜く)、
自然なバランスのとれた歯並び(あごもある程度成長した)を目指すならば、床装置を使用し、
口の周りの筋力を良くしていく、矯正治療がおすすめです。

とくに成長発育前の小学校低学年のお子様には成長発育を生かす、歯を抜かない床装置を使用する小児矯正治療が効果的と考えております。

4)床装置を使った矯正治療は治るのでしょうか?

イメージ

「床装置を主に使用する矯正治療」とは、取り外しの装置を使った矯正治療ですが、同時に「歯を抜かない」矯正治療でもあります。
“歯を動かす”ことについては、従来行われてきた矯正(歯を抜く矯正)と同じですが、“考え方”に大きな違いがあります。


“歯並び”には原因がある

“歯並び”とは、その人の噛み方、食生活、呼吸の仕方、姿勢、寝るときの顔の向き、
生活習慣などで決まります。仮に歯を抜いて歯が並ぶ場所をつくっても、“歯並びの原因”が変わらない限りは、
多かれ少なかれ、後戻りします。そして、もともとの重なっていた歯のところは、また、重なってきて、
さらに、抜いた永久歯の場所に隙間(スペース)ができたりします。
ですから、矯正治療で歯を動かすには、床装置を使用する矯正、
従来の固定式の装置を使用する矯正、どちらにも言えることですが、歯並びの原因を出来るだけ考えて、
それを改善しながら、矯正治療を行わなくてはなりません。

歯を抜くことによる弊害

歯並びのアーチ(歯列弓)が狭くなり、舌の置く位置が無くなる。
舌は、上顎(あご)の内側=口蓋(こうがい)にくっついているのが正常の状態です。歯列弓が狭いと、舌を口蓋にくっつけにくくなり、口呼吸をしやすくなり、歯並びは後戻りしていきます。


口元の筋肉に張りが無くなり、歳をとるとシワが寄りやすくなる。


成長期の子供の場合は、あごの成長、顔の成長を妨げてしまう。成長期のお子さんの歯並びが悪いのは、遺伝というよりは、あごの成長不足なのです。
その小さいあごに合わせて、歯並びも小さく固めてしまうことは成長の可能性を放棄してしまうことです。


歯並びの良くない場合は、アレルギー性鼻炎や、アデノイド、口蓋扁桃の肥大により、口呼吸になっての結果であることが多いので、歯を抜いて歯並びのアーチを小さくすることは、呼吸ならびに体全体から見ると、好ましいことではありません。
したがって、歯を抜くことは、患者さんの“歯を抜かれたくない”という心理的なものはもちろん、見た目的にも、体のためにも、好ましいことではないと言えるでしょう。

床矯正の治療は治るのでしょうか?

したがって、これらの事を考えると、“歯並びの原因”に対処し、それが解決していけば、後戻りせずに、
“治る”と言えますし、さらに、歯を抜いて、見掛け上歯を並べても、
成長発育を妨げたり、さらに呼吸しづらくなったりと、体にとってマイナス面がでてきます。
また、床装置は取り外しができますから、患者さん自身で、装置を規定の時間以上入れていなければ治りません。

結論として、患者さんご自身(お子様の場合はご両親も)担当歯科医師とよく相談し、
歯並びの原因を理解され、“ここをこうしたい”とかはっきりと目的をもって装置をしっかりと装着し、
口の周りの(舌を含む)筋肉のも良い状態にするように患者さん自身で取り組んでいけば、
ほぼ満足される歯並びになると言えるでしょう。
さらに、従来の固定装置を使用した矯正治療、取り外し式の床装置を使った当クリニックの矯正治療ともに、重度の不正咬合には困難といえます。
床装置のよる矯正治療は装置が自由に取り外しできるため、ご本人のやる気とお子さんの場合、家庭でのサポートが重要になります。

最後に結論として

「床矯正」といっても各矯正歯科、それぞれ千差万別でひとくくりに言えるものではない。
当クリニックで行っている「取り外しの床装置を使用する矯正治療」は
「床装置を使用しながら、生活習慣、食生活を無理なく良い方向に変えいき、
さらに、噛み方や舌のトレーニングをしながら口腔の機能を良くして、歯並び、噛み合わせを良くしていく矯正治療」
と言うことができます。

 

お問い合わせ / ご予約

近藤歯科クリニックは立川駅にある矯正歯科、
小児矯正歯科クリニックです。
矯正に関する、ご相談・お問い合わせはお気軽に
下記よりご連絡ください。
お電話でのご予約お問い合わせはこちら
042-524-0722